「WITH STAMP」に続くWWFプロジェクト第二弾 2020.7.9 | PROJECT

気候危機について考える、都道府県別ファクト分析

気候危機について考える、都道府県別ファクト分析

過去に類を見ない規模の大雨や猛暑など、国内でも気候に関するニュースを多く見かけるようになった。
環境白書にも登場した地球規模の「気候危機(Climate Crisis)」に、いま私たちができる事は何か。身近なところからそれを考え、感じてもらうWWFジャパンのキャンペーン「気候危機で地元どうなる?未来47景」が環境月間の6月からスタートした。

キャンペーンサイトでは都道府県を選ぶと、それぞれの土地の名所や名産について紹介される。
ただし、これは単なる紹介ではない。
その地域が今後このまま気候危機が進むと、どうなってしまうのか? 未来の予想図をイラストとともに紹介しているのだ。

地元の気候危機を家族や友人たちと見つめなおすきっかけ作りに。情報はSNSなどでシェアができる仕組み。

気候危機の未来に立ち向かうため、今から気軽に行動できそうな項目を紹介。
項目をチェックして実行ボタンを押すと、リアルタイムで行動人数が表示される。

各都道府県のイラストは、ポスターデータとしても配布中。

危機は対岸の火事ではない。あなたのアクションで、未来を変化させよう。
========
「気候危機で地元どうなる?未来47景」キャンペーンサイト
https://www.wwf.or.jp/campaign/mirai47kei/
========

CL:WWFジャパン
Creative Director:増田総成(RABBIT)
Art Director:根本高明(ADK CO)
Copy Writer:細川万理(ADK CO)
Designer:吉田千城(ONE)
Illustrator: 横山龍、金へウォン(ネスト)
PR Planner:近村洋輔、田中伸之介、野本菜月(マテリアル)
Account Manager:川上大稀(CHERRY)

SHARE

pagetop